ブログトップ

因島田熊町 亀甲山田熊八幡宮 安政柑祭り

いつもTwitterなどで情報を配信してくれる因島観光協会さん
http://innoshima.no-blog.jp/

同じ田熊町が発祥でありながら、八朔に押されっぱなしの安政柑
みんな安政柑って知ってる会?

wikiより
安政年間、因島市田熊村有金栗(現在の広島県尾道市因島田熊町)の岡野末吉の園に、南方より持ち帰った柑橘の種より生じた「偶発実生」と思われる、小ぶりな文旦が育っていた。文旦としては果皮も薄く、味も甘酸適和して食べやすいので「青ン坊」と呼ばれながら、ゆるやかな増植が続けられていた。
明治43年、田熊村で開催された柑橘講習会に来講された農商務省園芸試験場長、恩田鉄弥博士によって「安政柑」と命名された。独特な爽快な風味と柔軟多汁、甘酸適和し果実が大果であることが激動する安政年間の世情とマッチしているところから「安政柑」という名前が生まれたと伝えられている

ってことで、もっと安政柑を知って欲しいってことで、第一回 安政柑祭りが盛大に・・・・
f0098002_2126480.jpg

盛大に・・・ まぁ雨だしね。 それでも関係者30人くらい参加者50人くらいいたかな?

色んな農家さんの安政柑が祠の中にあるね。
f0098002_21262988.jpg

神事が終わって、振る舞いで用意されてたのは コレだ。
f0098002_2126452.jpg

ぜんざいと、安政柑ゼリー。 これ目当てと言われてもしょうがない。

f0098002_2127193.jpg


会場で、話しかけられた人と談笑してたら 高校の同級生の兄と判明。
弟と顔とシャベリが全然違うじゃないのよ。 初対面だったけど楽しくお話が出来ました。

来年、第二回もあれば楽しみに待っておきます(´皿`)9

ところでさ、因島人としてずっと疑問に思ってんだが
田熊ミヤマーズ の みやま   
この、みやまって八幡さんのことだと思ってたんだけど合ってる? 
そもそも、みやまって何だ? 詳しい人コメント欄に解説求む(´皿`;)





広島ブログに参加してみました(´皿`)9
広島ブログ
[PR]
トラックバックURL : http://hassaku50.exblog.jp/tb/17323682
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by えびなげ at 2012-03-18 22:15 x
こんばんは。同級生兄です(^^)/
今日はお会いできて楽しかったです。あの後、もう一度神社に行って安政柑をゲットして帰りました。古民家のお店はまたリベンジしますよ。

ところで嫁に聞いたところ、ミヤマとは神社のあるあたりの山のことだそうですよ。御山とでも書くのかな?
Commented by hassaku50 at 2012-03-18 22:25
>えびなげさん
今日は、遠路?はるばるお疲れさまでした。
会場の八幡さんが、ずっと みやまの一部だと思ってたのが、今日初めて亀甲山って名称だと知ったんですよ。 北アルプスみたいなもんなんですかね~。 またお会いしたら宜しくです
by hassaku50 | 2012-03-18 21:03 | 因島 | Trackback | Comments(2)